辛い胃腸症状に! 正しい対処方法♪

胃腸炎や食あたり、またはストレスによる嘔吐や下痢…

だれもが経験したことあると思います(>_<)

とっても苦しくて辛くて嫌ですよね💦

そんな時の正しい対処方法、みなさんはご存知ですか?

そもそも、嘔吐・下痢は何故おこるのでしょう?

それは、

胃腸の過活動(動きすぎ)のためです。

胃腸炎や食あたりは、菌や原因の食べ物を早く体の外にだそうとします。

また、ストレスの場合、ストレスで自律神経(交換神経)が刺激され、動けと過度に命令してしまいます。

そのため、胃腸が過度に働き、嘔吐・下痢を起こしてしまうのです。

では、実際、どうやって対処したらいいのでしょうか?

まず、嘔吐・下痢をしたら2時間ほど食事や水分の摂取をやめて、まずは胃腸を休ませます。

2時間後に常温かやや温かいのスポーツドリンクを1口含み、ゆっくりと飲みます。

10分間嘔吐・下痢がなかったら、先ほどより多めにスポーツドリンクを口に含み、ゆっくり飲みます。

さらに10分間大丈夫ならば、今度はコップ1杯のスポーツドリンクをゆっくり飲みましょう♪

ここまで来て、大丈夫ならば常温かやや温かい水分は普通に飲んで大丈夫です♪

そして、食事を始めましょう!

もちろん、しばらくは消化が良く、刺激が少ない食事をしましょう!

消化の良い食事ですが、

おかゆや煮込みうどんがいいのはもちろんですが、体調不良でそれらを作るのも辛いときは、

食パンでも大丈夫です!

ただし、バターやマーガリン、ジャムなどは塗らない、食パンそのものです!

他にも消化に良い食材を載せておきますね♪

【主食】
お粥・煮込みうどん・(耳を取った)食パンなど

【野菜類等】
キャベツ・大根・ほうれん草・カブ・ハクサイ・かぼちゃ・にんじん・じゃがいも・里芋 など

【果物類】
りんご・バナナ・ぶどう・メロン など

【タンパク質】
卵・豆腐・ササミ(脂身の少ない鶏肉)・白身魚・はんぺん など

料理方法としては、やはりいずれの食材も煮込むのがいいですよ✨

ゆっくり胃腸を休ませてあげて、回復を待ちましょう(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。